日本でのカジノに関する規則

Posted by in カジノ

日本でのカジノに関する規則 ギャンブルファンなら気になるカジノ法案、いよいよ日本にもカジノが出来るとワクワクしていた人も多いのではないでしょうか? 日本にカジノが出来れば、わざわざカジノのために海外に行く必要もなくなりますから旅費の分もプレー代にまわす事もできますね。   日本のギャンブルファンにとっては日本にカジノが出来るのは喜ばしいことです。   また、ギャンブルファンだけではありません。 カジノ法案が成立し日本にカジノができると、日本も潤います。   まず、カジノができることにより外国人観光客が増えます。 訪日外国人の目標値が2000万人とも言われるほどの見込みがありますので、どれだけの外国人観光客が増えるか分かると思います。 それだけ増えれば、外国人観光客が日本に落とす金額もかなりのものとなりますね。   また、カジノができることによって複合施設の建設も推奨されるようになります。 カジノ、ホテル、ビジネス施設、ショッピングモールなどの複合施設で、それが作られることにより外国人韓国客だけでなく 日本人観光客も増加することになるでしょう。   簡単に言えばカジノができれば、日本と言う国が潤うのです。 ですから、日本もカジノを作ることに対して前向きに考えていると言えます。     さてそんなカジノ法案ですが、当初は2014年度の国会で承認される見通しでした。 2014年度の秋から冬にかけて国会で承認され東京オリンピックが開かれる2020年には 日本でカジノができるはずだったのです。   オリンピックと言えば国際的な一大イベントですから世界中から観光客が集まります。 そしてついでにカジノをすることができれば、それは良い宣伝にもなりますし、カジノの売り上げも期待できます。   そういったことを見越して、2014年度中にカジノ法案を成立させ、そして2020年までにカジノを作ろうと言う機運だったのです。       しかしながら、2014年度の国会での成立は見送られることになります。 これにより、2020年度の東京オリンピックまでにカジノ施設をオープンさせるのも難しくなりました。 現在では、2015年度の春までにまたカジノ法案を成立させる方向で調整されていますが、それも難しいかもしれません。     国会議員の間でも賛否両論の意見が飛び交い、本当に成立させることができるのかと疑問も出てきています。 例えばカジノが作られるとすれば最有力候補となる東京でも、前東京都知事はカジノの誘致に積極的でしたが、現東京都知事はどちらとも言えない態度をとっています。 2020年度には東京オリンピックも開かれますから、そちらが最優先課題となるのでしょう。     こういったこともあり、2015年春にカジノ法案が成立するのか注目を浴びています。   仮に2015年にカジノ法案が成立したとしても、2020年の東京オリンピックまでにカジノ完成は難しくなります。   2020年にはカジノで遊べるぞと思っていた方にとってはとても残念なことです。   www.ALRIYADIAH.TV日本一のオンラインカジノ